医療脱毛とは

医療脱毛のすすめ

夏になるとムダ毛の処理に頭を悩ませる人が多いと思います。

自己処理するよりも、専門家に処理してもらう方が安全です。

皮膚科や美容外科などの医療機関において、医師が患者に施術するムダ毛の処理治療のことを医療脱毛といいます。

現在は、医療用機器として厚生労働省より認可された、レーザー機器を使用するレーザー脱毛が主流です。

医師が直接施術するか、医師の監理下の元で施術することが義務づけられています。

多毛症と診断された患者さんには、治療の一部が保険適用される場合がありますが、美容目的で治療のメニューに入れている場合が多いので、保険が適用されない場合がほとんどです。

医療脱毛とエステティック脱毛の違い

美容レーザー脱毛は、エステティックサロンと医療機関の両方でおこなわれていると思いがちです。

しかし、エステティックサロンでのレーザー脱毛はスキンケアの一環と位置づけられ、美容上のムダ毛の処理での除毛や減毛を目的としたものとなっています。

その一方で、永久脱毛は毛根部を破壊する処理で、医師しかできない医療行為です。

そのため、レーザー脱毛により毛根部及びその周辺を破壊する処理を医師以外がおこなえば、医師法違反になります。

また、必要な時には、すぐに抗生物質や鎮痛剤などの薬品が使用できるので、万が一のトラブルにも迅速に対応できるのも医療脱毛ならではです。

最近では、皮膚科と提携し、脱毛の施術を依頼するエステティックサロンが増えているようです。

カウンセリングの重要性

医療脱毛に関わらず、施術の際には十分なカウンセリングを行うことが大切です。

疑問点を残さないように、納得の行くまでカウンセリングしてください。

私は婚活中なので、万が一にも失敗できないと思い、しっかりとカウンセリングを受けました。(「婚活とは」に体験談も乗せています)以下にカウンセリングのポイントを紹介します。

〇椽冓法:どんな機械を使って、どんな方法で脱毛するのかをきちんと確認しましょう。

脱毛希望箇所:どこの脱毛を希望しているのか、現在のムダ毛の状態がどうなのかをしっかりと確認し、どんな方法が適しているかを相談しましょう。

時間・回数・費用:自分の希望する箇所の脱毛が、どのくらいの時間がかかりどのくらいの費用がかかるのかをしっかり確認し、脱毛のプランをたてましょう。

っμ啗紊離吋◆Д肇薀屮襪生じた場合や脱毛が不完全だった場合の、施術側の対応を確認しておきましょう。

どんな保証制度があるのかチェックしておくと安心です。